Menu

4kの時代プロジェクター・projectorの選択肢もありかも

果たしてプロジェクター・projectorとはなんなのでしょうか。プロジェクター・projectorは、投影式のため、プロジェクターとスクリーンの間にヒトやモノがあると映像に影ができてしまうことになります。

プロジェクター・projectorには、メリットもいろいろあります。がデメリットもあります。

デメリットもしっかり理解して購入しないことにはあとあと後悔してしまうことになるでしょう。

おすすめのプロジェクター

DLPプロジェクターのおすすめ

DLPプロジェクター・projectorというのは、 映画館の映写機としても使用されることがあるプロジェクター・projectorです。10万円あたりの価格を出すことができれば、 4K/HDRに対応したモデルを購入することができるでしょう。

単板式DLPプロジェクターを購入するという方々は、 色割れ現象などちょっと悩まされてしまうかもしれません。

また、リーズナブル価格のプロジェクター・projectorでは、投射距離が長めに確保しなければならなかったりして、 設置調整のための機能もシンプルで、結構自由性が効かないという問題点も抱えています。

しかし、10~30万円ほどの価格で100インチレベルの大画面を実現したいと思えば、プロジェクター・projectorを購入するって結構、コスパのいい方法だと思いますよ。

4Kテレビを求めている人たちは、ここでプロジェクター・projectorの選択肢もありかもということを考えていただきたいと思います。

10~30万円ほどの価格で100インチ級4Kテレビを購入しようと思っていた人たちは、プロジェクター・projectorに対してそれなりのお金を出すことができるのではないでしょうか。

そのような人たちにおすすめプロジェクター・projectorは、ViewSonicの「PX-727-4K」です。

ViewSonicの「PX-727-4K」は、13~15万円ほどの価格です。この程度の価格のプロジェクター・projectorが一番安心感をもたらしてくれることになるのではないでしょうか。

おすすめViewSonicの「PX-727-4K」

おすすめプロジェクター・projectorViewSonicの「PX-727-4K」は、 0.47型のDMD素子を採用、「画素ずらし技術」により4K解像度を実現しています。

いよいよ、時代は4K!に入ったともいうことができます。まさに、
どんな映像をお家で期待することができるかドキドキではないでしょうか。

最高輝度は2200ルーメンで明るさを十分確保することができます。

新着記事